食肉目動物保護学研究室ホーム
アライグマ科 (Procyonidae)

Are native raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) affected by invasive raccoons (Procyon lotor)? Behaviour 2013 (Kaneko, Y. and Kanda, E., Joint meeting of the 33rd International Ethological Conference & the Association for the Study of Animal Behaviour, The Sage, Newcastle-Gateshead, UK. 4-8th August 2013. Poster presentation 2013) 

東京都日の出町におけるアライグマ移入後のタヌキの行動圏の変化 (金子弥生・神田栄次・上野康史・淀川茂・宮本豪.日本哺乳類学会2012年度大会.口頭発表  2012)

アライグマを選択的に捕獲する罠 ラクーンターミネーターの機能的評価 (石井宏章、古谷雅理、金子弥生.日本哺乳類学会2012年度大会.ポスター発表  2012)

特定外来生物アライグマの選択的捕獲罠の開発 (金子弥生、古谷雅理、石井宏章.アグリビジネス創出フェア.口頭発表  2011)

特定外来生物アライグマを、低労力で選択的に捕獲する新型罠「ラクーンターミネーター」の開発 (金子弥生、石井宏章、古谷雅理. 第22回府中市工業技術展 ふちゅうテクノフェア ポスター発表 2011)

新型罠「ラクーンターミネーター」のメカニズム (古谷雅理、石井宏章、金子弥生. 第22回府中市工業技術展 ふちゅうテクノフェア ポスター発表  2011)