食肉目動物保護学研究室ホーム > 研究紹介-タヌキの食性調査
2015年9月30日
研究紹介-タヌキの食性調査
私は修論のテーマとして、東京都区部北西部地域におけるタヌキの食性調査を行っています。
 
タヌキは沖縄県を除く都道府県に分布し、古くからなじみのある動物として知られています。東京都におけるタヌキの分布は、高度経済成長による都市化とともに西部へ衰退したとされるが、近年では都心部において再び生息が確認されています。
 
東京都区部の北西地域では、比較的早い時期から再拡大による生息確認されているため、タヌキの都市環境への適応メカニズムを知る上で、この地域における生態を調べることは重要だと考えられま野生動物の生態を理解するうえでは、何を食べているのか把握することが欠かせないですそこで、東京都心部の北西部に着目してタヌキの生息状況を確認しさらに糞の分析から食性とその季節変化を明らかにしたいと思っています。
 

リュウ ホウ