食肉目動物保護学研究室ホーム > 研究紹介−ハクビシンの被害調査(2)
2016年5月30日
研究紹介−ハクビシンの被害調査(2)

 以前の研究報告と被る部分があると思いますが、私は、東京都23区でのハクビシンによる被害調査と、23区における捕獲されたハクビシンの個体計測を行っています。

 23区は都市部なので、人によってはこんなところに中型の野生動物がいるのかと思う方もいるかと思いますが、ハクビシンはその生態特性から、緑地だけでなく都市部にも生息地を拡大させています。そこで、23区においてハクビシンが人間生活にどのような被害を発生させているのかを明らかにするため、聞き取り調査を行っています。

 また、別件になるのですが、今年の3月に、仙台で行われた日本生態学会大会で、卒論内容の一部をポスター発表させていただきました。学会に行くのは初めてだったので、同じ分野の人が集まって議論するという貴重な経験を味わうことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 
岩間正和