食肉目動物保護学研究室ホーム > 研究紹介―食肉目動物の水辺の利用について
2019年10月 1日
研究紹介―食肉目動物の水辺の利用について

皆さんは動物が利用する所、と聞いてどんな所を思い浮かべますか?

 

木がたくさん生えた所、草の茂った所、川や池の側などの水のある所など、いろんな場所を思い浮かべるかと思います。

 

私は修士論文のテーマとして「食肉目動物の水辺の環境による利用の変化」を調べています。

水辺は水を飲む場所として以外にも、餌を取る場所やその周辺の緑が動物の移動に使われるなど、たくさんの機能を持つ重要な環境です。

 

私は水辺の環境 (池なのか川なのか、人工物はあるのかないのか、など) により動物の利用がどう変化するのかを調べることで、動物の好む水辺環境や好まない水辺環境を知ることができ、保全に役立てられるのではないかと考えています。

 

現在はデータの収集は終わり、修士論文の執筆に向けてデータ整理などを進めています。最後まで気を抜かず、研究を進めていきたいと思います。

 

M2 平田