食肉目動物保護学研究室ホーム > 研究紹介-ニホンアナグマの巣穴における食肉目の種間関係
2022年1月10日
研究紹介-ニホンアナグマの巣穴における食肉目の種間関係

私は東京都日の出町のニホンアナグマの巣穴における食肉目4種の関係」というテーマでカメラトラップ調査を行っています。

皆さんはアナグマを見たことはありますでしょうか?

東京都ではアナグマは数少ない動物となってしまいましたが、実は少しずつ都市進出している哺乳類の1種ともいわれています。そんなアナグマは行動圏の中に入り口が1か所から10か所以上にもなる巣穴を掘ります。アナグマの巣穴では在来種のタヌキや、外国では外来種とも巣穴を共有していることが知られてきました。しかし、小規模な巣穴や日の出町のようにアライグマとハクビシンといった外来種が複数住んでいる地域での巣穴種間関係はわかっていません。そのため、巣穴の前にカメラトラップを仕掛けることで物が撮影される時間や行動から種間関係を考察して在来種の保全に寄与できればと思っています

カメラトラップ調査では、様々な種類の哺乳類や鳥類を見ることができ、普段見ることができない行動も見せてくれることが面白いです。

M1 髙田雄介

IMG_3026.jpg